必要なもの

任意売却は、いまある家などの不動産を強制ではなく、債権者と話し合って価格を決める方法です。
ですが、話し合いをして売却しても、ローンが完済出来ないという場合があります。
建物などの不動産がないのに、支払い続けるということになります。
そうなったときでも、任意売却であれば、完済できていない分のローンを分割して支払うことも出来ます。
競売にかけられると、分割での返済が出来ない場合があるので注意が必要です。
そういったことも避けるために、競売にかけられるまえに任意売却の手続きをとりましょう。

任意売却は、相談に関して無料で行っているところが数多くあります。
ただ売却に至った場合は、仲介手数料を業者に払わなければなりません。
通常、売却代金は全額債権者への返済にあてるものですが、売却代金の中から業者に支払う方法があります。
そういったことで、任意売却の持ち出し費用は不要、という業者が多くいます。
その際は、印鑑登録証明書や住民票などの書類が必要となります。

ローンの返済に関して滞納していた場合、債権者から競売の手続きの書類が届きます。
競売にかけられるのを防ぐために、任意売却という手段があります。
ローンを滞納せざるを得なくなったときは、任意売却について把握しておきましょう。
債権者との話し合い、不動産業者や弁護士・司法書士に仲介してもらうなど、時間も労力も、場合によっては仲介手数料以外の相談費もかかってしまいます。
また債権者が応じない場合もあったり、満足のいく売買価格にならなかったりもします。
ある程度のリスクも視野に入れて行いましょう。