住宅ローンの返済

現在、日本では不況の影響で職を失う人の収入が下がってしまう人が多く存在します。
住宅を購入した購入者の場合、給与が下がってしまうと住宅ローンの返済が滞る恐れがあります。
住宅ローンとは、住宅を購入するときの金額を分割で支払うローンの事で、住宅ローンの返済が滞ってしまうと住宅を競売にかける必要が出てきます。
住宅を競売にかけた金額を住宅ローンの返済に当てる事になりますが、競売では住宅ローンを全て支払える程の金額で住宅を売却することが出来ない可能性もあります。
そのため、競売ではなく、任意売却と呼ばれる方法で住宅を売却する人が増えてきているのです。
任意売却とは、競売の様に強制的に住宅を売却するのではなく、自分の意思で住宅を売却する方法です。
この売却方法を行なうことで、住宅ローンを返済できる可能性をかなり高める事が出来るので、万が一の事が起きた場合でも安心して住宅を手放すことが出来ます。
任意売却は、不動産会社、弁護士や司法書士などに依頼して行なうことが出来ます。
近年では、任意売却を専門的に行なう業者もいて、その業者に仲介を依頼することが一般的になってきています。
住宅ローンを完済するためにも、依頼する業者の選定はしっかりと行なう必要があるのです。任意売却を行なうことで得られるメリットは非常に多く存在します。
例えば、任意売却は競売よりも高い値段で売却することが出来るので、住宅ローンを完済することができる可能性を高めることができるのです。
なぜこの売却方法が競売よりも高い値段で売却することができるかというと、市場価格と同じ様な値段で売却することができる為です。
競売を行なった場合は、住宅が競売物件となり、価値が下がってしまうので売却金額が減ってしまいます。
しかし、任意売却では自分で物件を売却することになるので、市場価格と同じような値段で物件を売却することができるのです。
そのため、売却金額が競売を行なった時よりも高くなり、住宅ローンを完済することができる確率を高める事ができるのです。
また、任意売却を行なう際は、専門の無料相談窓口を利用して売却を行なうので、無駄な出費がかからないと言う利点があります。
このため、不要な出費を避ける事ができ、その浮いた分の費用を住宅ローンの返済に当てることができるのです。

任意売却を行なうことで得られるメリットは他にも多く存在します。
例えば、競売を行なう場合、競売を行なう旨の通知が近隣住民へ通告されるため、近隣住民へ住宅を売却することが知られてしまいます。
しかし、任意売却の場合、そうした通知が送られないので、近隣住民へ住宅を売却することを知られる心配がありません。
そのため、家族の精神的負担を大きく下げることができるのです。
他にも、任意売却を行なった際は、債権者とのやり取りもやりやすくなります。
債権者とのやり取りが行い易くなることで、直ぐに出て行く必要が無くなり、引っ越しの日程や費用の融通が聴きやすくなります。
また、売却後でも住み続ける事ができる可能性もあるので、売却を依頼する業者とも良く相談して行ないましょう。
このように色々なメリットを得ることができる任意売却ですが、しっかりと知識を持って行なわないと損をする恐れもあるので、信頼できる専門業者を見つけて行なうことが大切になってきます。

任意売却を行なった後は、人生の再出発となるため、なるべく高値で住宅を売却する必要があります。
住宅ローンを返済出来なくなる理由は、リストラやギャンブルによる借金、転勤、離婚など様々な理由があります。
これらの理由は、生活が大きく変わるものなので、任意売却をしっかりと成功させて新たなスタートをきる資金にする必要があるのです。
競売を行なうと、住宅の価値が大きく下がり、売却価格が大きく下がってしまいます。
そのため、任意売却を行ない、競売を避けて、住宅を高値で売却する必要があるのです。
住宅を売却しても住宅ローンを完済することが出来なければ、借金を背負ってしまうことになります。
そうすると再スタートをきることも難しくなってくるので、良い仲介業者を見つけて任意売却を行なう様にする必要があるのです。

業者を選ぶ時

任意売却を行なう専門業者を探す時は、インターネット検索が適しています。インターネット上には、業者の様々な情報やかかる費用などを細かく知ることが出来るので、業者選びの参考にすることができるのです。

必要なもの

ローンが任意売却をして残っていたとしても、分割で対応してくれる場合もあります。仲介手数料などの費用も自分の手元からではなく、売却分から支払うことが出来ます。分割や費用・その他任意売却について紹介していきます。

主な流れ

任意売却は、自分から問い合わせて動かないといけません。そのままにしていると、競売にかけられて損をする恐れがあります。そうならないためにも、おおまかな流れを簡単に紹介します。